お知らせ


声明文を発表

 小池都知事は、豊洲新市場を「安全・安心な市場」と断定し、8月1日に農林水産省に豊洲新市場の認可申請を提出しました。しかし、豊洲新市場には環境基準の170倍の有害物質ベンゼンをはじめ高濃度の土壌汚染が残されたままです。とても「食の安全、安心」が保障されているとは言えません。
 私たちは、築地市場の豊洲への移転の認可申請をただちに撤回し、世界的にも高く評価され、都民の台所として安全な食品流通に大きな役割を果たしている築地市場を守り、現在地での再整備に踏み出すことを強くもとめるものです。
 そこで、本日付けで声明文を発表しました。


豊洲市場運用試験ビデオが流出

ターレーが壁に激突 「危ない」「落ちる」の声

 ネットで流出した豊洲市場運営試験のビデオが物議を催しています。

 日刊ゲンダイの記事によると、一部の市場業者が都の許可を得て現地での習熟訓練の様子を撮影した動画とのことです。

 ビデオが表に出ないように圧力がかかっていたといわれています。


 

ット署名 も はじめました

 ネット署名(Change.org)では、署名用紙をダウンロードしなくても、インターネット上で署名することができます(紙の署名と同じ内容です)。

 あなたの書く1筆の署名が、食の安全・安心を守り、豊洲新市場の「闇」をただす大きな力になる。それがこの移転中止署名運動です。ぜひご協力ください。

 


確かな安心を 豊洲移転中止の署名にご協力下さい

みんなの「不安」を「安心」にかえるための

署名です。

 

東京都が築地市場の移転先としている豊洲新市場。地下水モニタリング調査で、環境基準の

最大79倍もの有害物質が新市場の広範囲にわたって検出されました。市場は生鮮食料品を扱っており、高い安全水準が求められます。「飲み水ではない」「健康被害は考えにくい」という説明では納得がいきません。この署名で小池都知事に移転中止を促します。

 

みんなの「不信」を「希望」にかえるための署名です。

 

ーなぜ、汚染されている東京ガス工場跡地を選んだのか。石原元知事をはじめ、誰がどのように検討して移転を強行したのか。

ー土壌汚染対策費の全額を原因者(東京ガス)に求めなかったのはなぜか。強い批判があったのに、なぜ検証、見直ししなかったのか。

ーウソだった盛り土、破たんした地下水管理の欠陥はどうしておこったのか。

豊洲新市場をめぐる疑惑は山積しています。これ以上、都民、消費者、業者をあざむくやり方、疑惑隠しを許すわけにはいきません。

 

 

あなたの書く1筆の署名が、食の安全・安心を守り、豊洲新市場の「闇」をただす大きな力になる。それがこの移転中止署名運動です。ぜひご協力ください。

 

署名用紙のダウンロードはこちら